食物栄養学科

温泉コンシェルジュコース

温泉コンシェルジュコース

「温泉コンシェルジュ」は日本初の資格です!

全国の温泉観光地で「おもてなし」のプロフェッショナルとして就職をめざします。
温泉の泉質や効能を学び、観光の基礎や接客、観光客への観光プログラムの提案など、基礎から応用へと体系的に学びます。これまで温泉をベースとした「おもてなし」の専門家は養成されてきませんでした。世界の全ての泉質を有する「別府」の地で、「おもてなし」の発祥の地だからこそ、温泉に関する学習と「おもてなし」を学べるのです。
取得可能な資格・免許
栄養士資格(国)※関係科目を履修し単位取得が必要/温泉コンシェルジュ基礎課程修了証(民)/温泉コンシェルジュ応用課程修了証(民)/介護職員初任者研修修了証(公)/ビジネス実務士 (民)/社会福祉主事任用資格(公)/健康アドバイザー資格(学)

「コンシェルジュ」って?

画像
語源はフランス語でアパートの管理人を意味する言葉。現在は様々な業界で、お客さまの要望や案内に柔軟に対応する「総合案内人」という意味で使われています。

温泉コンシェルジュコースでは

画像
温泉の泉質や効能、接客マナー、観光プログラムの提案など、コンシェルジュに求められるスキルを学びます。同時に栄養学等を学ぶことで、旅の楽しみの一つである「食」について、あらゆるニーズに対応できる人材を育成します。
全国の観光地で就職をめざすおもてなしのプロフェッショナルになりましょう。