食物栄養学科

食物栄養学科
こんな人を歓迎します
・食べることが好きな人
・栄養や健康に興味がある人
・子どもたちに食育のできる栄養士になりたい人
・より多くの資格を取得して自分の可能性を高めたい人
・栄養の知識を生かしてサービス業に就きたい人

実践に強い栄養士

実践に強い栄養士
「栄養士」免許だけよりも、社会で求められる資格や技能を持っていた方が、就職の決定に有利になります。そして、就職先で即戦力として自信を持って活躍することができます。
食物栄養学科では、より役に立つ免許・資格・技能を取得していただくために、3つのコースを設けています。

本学科の特色

二年間で取得した免許・資格を活かした就職


就職先

病院
児童福祉施設(保育園・幼稚園・児童養護施設等)
老人福祉施設(特別養護老人ホーム・老人保健施設等)
事業所
職種

栄養士・調理員
医療事務・介護事務・一般事務

その他

四年生大学への編入学

現場で役立つ実践力の養成

現場で役立つ実践力の養成
栄養士に必要なスキルとして、大量調理の技術と献立作成能力があります。食物栄養学科では、体験型の実習を充実させることによって、2年間でこれらのスキルを習得できるように教育しています。
こうした学びの経験が仕事の現場で役立つ実践力につながります。

少人数制できめ細かな支援

少人数制できめ細かな支援
2年間を通して数名のクラス担当教員がつき、めざす資格や授業の履修方法、就職、進学などの支援を行います。また、2年生になると卒業研究として数名の学生に1名の教員がつき、少人数制の学習指導を行います。個々を大切にしたきめ細かい支援・指導が本学の魅力の1つです。

栄養士実力認定試験の受験支援

栄養士実力認定試験の受験支援
栄養士の資質向上を目的として、毎年栄養士実力認定試験が実施されています。本学もこの試験に参加しており、優秀な成績を修めることができるように受験の対策講座を行っています。これによって培われた知識は、栄養士としての実力を高め、必ず将来の役に立つことでしょう。

カリキュラム

基礎教育


基礎科目

人間関係論
人権教育概論
日本語表現法
化学
情報処理論
大分再発見
大分の人と学問
日本国憲法
キャリア教育
インターンシップ
社会貢献演習Ⅰ・Ⅱ

外国語

英語Ⅰ・Ⅱ
中国語Ⅰ・Ⅱ


体育

運動スポーツⅠ・Ⅱ

温泉コンシェルジュ

別府の歴史と発展
まちづくりと景観
温泉学
おもてなし演習
温泉コンシェルジュ基礎

専門教育科目


社会生活と健康

公衆衛生学
社会福祉

人体の構造と機能

解剖学
生理学
生化学
生化学実験
運動生理学
基礎医学

食品と衛生

食品学総論
食品学各論
食品学実験Ⅰ・Ⅱ
食品衛生学
食品衛生学実験

栄養と健康

栄養学総論
栄養学各論
栄養学実習
臨床栄養学
臨床栄養学実習
運動栄養学

栄養の指導

栄養指導論Ⅰ・Ⅱ
栄養指導実習Ⅰ・Ⅱ
公衆栄養学

給食の運営

給食計画論
給食実務論
給食管理実習Ⅰ(A・B)・Ⅱ
調理学
調理学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

栄養教諭二種(保育健康コース)

学校栄養教育論
教職研究
教育原理
教育心理学
教育課程研究
道徳指導法
教育工学
生徒指導法
教育相談法
教職実践演習(栄養教育)
事前事後指導
栄養教育実習
保育原理
家族援助論
発達心理学
障害児保育
小児保健
乳児保育
小児栄養
保育栄養指導法

介護職員初任者研修(保育健康コース)

介護概論
介護の理解
介護技術Ⅰ・Ⅱ
介護実習

その他(保育健康コース)

卒業研究
プレゼンテーション
実践給食管理実習
給食管理実習Ⅲ
調理学実習Ⅳ
健康運動指導論
アクアエクササイズ
健康マネージメント論
インターンシップⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ

医療と介護(医事健康コース)

医療秘書実務
医療事務総論
医療事務演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
薬と検査
介護概論
介護の理解
介護技術Ⅰ・Ⅱ
介護実習
介護保険
介護事務演習
高齢者心理学
医療秘書実務実習
ビジネス実務総論
コミュニケーション演習
手話Ⅰ・Ⅱ

その他(医事健康コース)

卒業研究
プレゼンテーション
情報処理演習
実践給食管理実習
給食管理実習Ⅲ
調理学実習Ⅳ
健康運動指導論
アクアエクササイズ
健康マネージメント論
インターンシップⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ

学生作品・研究発表

お弁当コンテスト

お弁当コンテスト
大分県の地産地消の啓発を目的に、高校生や大学生、地域の方々を対象として実施しています。平成26年度のテーマは「わが町・わが駅 駅弁コンテスト」でした。
本学の学生は、調理中の衛生管理を評価され、優秀な成績をおさめることができました。栄養士に必要な能力を評価されたことは、学生・教員一同とても誇らしかったです。

学外研修

学外研修
「海を学ぶ」「山を学ぶ」をテーマに、毎年1泊2日で研修旅行に出かけます。「海を学ぶ」年には、研修先の施設で魚をさばいて干物づくりを体験したり、養殖事情の講演を聴いたりします。また、「山を学ぶ」年には、地域の食品工場見学や企業を見学します。学外にとびだして、多くの体験をとおして食の専門家としての資質を高めます。

幼稚園・保育園での食育教室

幼稚園・保育園での食育教室
本学には敷地内に付属の幼稚園があります。そこでは、作成した紙芝居や人形などの教材を用いて、子どもたちを前に食育を実践することができます。また、クッキングのときに見られる子どもたちの笑顔に励まされます。学生のうちに実際の教育現場に出向いて食育を行い、子どもたちの生の反応を感じることは、栄養士として食育を行うことの「楽しさ」と「責任」を実感することにつながります。

卒業研究

卒業研究
2年生になると、4〜5人のグループに分かれて、学生自身がテーマを設定し、教員とともに卒業研究に取り組みます。そして、学生同士で意見を交換しながら結論を導いていきます。
学生が主体となって行う卒業研究は、専門知識や技能の習得はもちろん、真実を探究するおもしろさを知り、目標を達成するための忍耐力を身につけることができます。卒業後に栄養士として働くうえでも貴重な経験となるでしょう!

お魚さばき講座

お魚さばき講座
食物栄養学科では、蒲江の漁業青年団を招いて「お魚さばき講座」を実施しています。大きな鰤や鯛をまるごと一匹捌くことはなかなか体験することができないので、栄養士をめざす学生にとっては貴重な調理経験となっています。また、留学生や地域の方も一緒に参加しますので、調理実習を通して色々な方と交流でき親交を深めることができます。

地域貢献

地域貢献
別府市を盛り上げるための活動として、別府公園で開催された「九州食の大宴会@2014」に参加し、「食育やさいクッキー」を販売しました。このクッキーは、子どもの野菜嫌いを改善するために考えたもので、人参とほうれん草を小さく刻んで生地に入れました。出店ブースには、試食のクッキーや食材について紹介したリーフレットも準備し、来てくださったお客様に対して食育を行いました。