建学の精神

自立、自活できる人材の育成

画像

本学の建学の精神は「自立・自活できる人材の育成」です。短期大学では専門教育・実務能力の向上を重視していますが、それと同時に実社会に出た時に必要な人格教育についても重視しています。 学生一人ひとりが自立・自活できる力を身につけられるように、カリキュラムの中に教養教育が設定されています。人生において必要な教養を学び、豊かな人間性の育成をめざしています。つまり別府溝部学園短期大学は、職業教育としての、知識、技術、資格の取得はもちろんのこと、豊かな人間性の具現化をめざし、教養教育に力を入れ、学生各自の自主性を育み、実社会の動きに対応できる人材の育成を目的とした教育機関なのです。

本学園の合言葉

あなたはこの資格のほかに何ができますか

本学園の合言葉は、短大卒業時に得られる資格のほかにもう一つ、付加価値としてのライセンスを取得しようということです。
ますます多様化する社会に、このライセンスは力を発揮してくれるでしょう。
そして自己の長所を活かし、それを獲得しようとする努力があなた自身を成長させ、この21世紀に飛躍出来る糧になるものと思っています。

人格育成のための具体的目標

Mizobe Spirits  三活動・五心

三活動・五心