ブログ

中国語学習活動成果発表会~地域と外国につながる子どもとの交流~

留学生
2021年11月27日に初の試みとして本学の中国語を学習している日本人大学生(7名)が中国にルーツを持つ子どもたち、地域の子どもや大人たちと中国語による学習成果発表を行いました!
この発表会は地域と外国につながる子どもたちとが手を取り合い、お互いの文化的な差異を認め合える多文化共生社会を築いていくことを目的として行いました。企画運営のために、別府市内三大学の留学生と日本人大学生の協力のもと、実行委員会を結成しました。なお、この学習活動成果発表会は別府市外国人留学生地域活動助成金を受けることとなりました。



地域の子どもと中国にルーツを持つ子どもたち


食物栄養学科2年生の里中美恵子さんによる音読「私のお父さん」

発表会は第1部と第2部に分かれ、第1部は大分中文学園の6名の小学生たちが、ネイティブに負けない流暢な歌、物語、漢詩を発表しました。また、第2部は本学の7名の日本人学生が地域の方といっしょに豊かな表現力で絵本の読み聞かせと日本の伝統的な歌謡である「あかとんぼ」を中国語と日本語で合唱しました。


日本人学生と地域の方の日中両言語による合唱


休憩時間に行った中国出身の留学生による中国語の絵本読み聞かせ


発表会で読んだ中国語の絵本を子どもたちへ贈呈

この発表会のために、大分県をはじめ、別府市、立命館アジア太平洋大学孔子学院の多数のご来賓にお越しいただき、最後に発表者への表彰を行い、講評もいただきました。


来賓の方々より発表者と実行委員代表への表彰が行われました


中国武漢大学に語学留学し、中国語に精通する大分県国際政策課課長代理
国際政策班主幹総括阿南 大輔様によるご講評をいただきました。